イベント情報

(公財)厚木市文化振興財団主催・共催事業のご案内

松竹大歌舞伎

7/30(日) 13:00 / 大ホール

歌舞伎がもっとわかる!
イヤホンガイドを全員に無料貸出!

出演:中村吉右衛門、芝雀改め中村雀右衛門ほか

s-s-03-3-中央-演目.pdf⇒これを横にしてくださいませ。_01.jpg

料金

S席6,300円
A席4,500円
Z席1,500円
(全席指定)

※未就学児の入場はできません。
※シルバーチケットは公演当日まで利用可。

チケット取扱い

【当日券あり】 公演当日、大ホール入口にて12:00~発売

厚木市文化会館
チケット予約センター
046-224-9999 (9:00~18:00)

厚木市文化会館
(窓口購入)
会館2階事務室(9:00~18:00)


■車いす席は厚木市文化会館チケット予約センターにて取扱い。
※S席・A席のみ

松竹大歌舞伎
インターネットチケット予約はこちら 予約

アート・メイツ(文化会館友の会)情報

会員価格あり

詳細

中央コースあらすじとみどころ

■妹背山婦女庭訓
 大和国三輪の里の酒屋の一人娘お三輪は、近くに住んでいる求女に思いを寄せつつ、着物の裾に苧環の白糸をとめつけて、その糸を頼りに三笠山にある御殿に辿り着きます。そこでは、自ら帝と称する悪逆非道な蘇我入鹿が酒宴を催していました。お三輪は意地悪な官女達に散々いじめられた挙句、求女が入鹿の妹橘姫と祝言を上げたと知り逆上し、奥へ踏み込もうとしますが、そこへ現れた漁師姿の男に突然刺されてしまいます。その男の正体は藤原鎌足の家臣金輪五郎で、嫉妬心が凝結した「擬着の相」のあるお三輪の生血が入鹿を滅ぼすために役立つと伝えます。それを聞いたお三輪は、恋い慕う求女の役に立てたことに満足し、未来で添い遂げることに望みを託し、息絶えるのでした。
■口上
 裃姿の俳優が舞台に並び、皆様に五代目中村雀右衛門の襲名披露のご挨拶を申し上げる華やかな一幕です。
■太刀盗人
 京へやって来た田舎者の万兵衛は、国元への土産を買おうと新市を見て回っています。その様子を見たすっぱの九郎兵衛は、万兵衛が持つ黄金造りの太刀を奪い取ろうと企てます。これに気づいた万兵衛が騒ぎ立てるところへ、目代が現れ二人の争いを裁くことになります。目代の問に万兵衛が答えると、それを盗み聞きして九郎兵衛も同じように答えます。太刀の由来などを踊ってみせる二人ですが、やがて万兵衛は、九郎兵衛が自分の真似をしていることに気がついて…。
 万兵衛を真似て九郎兵衛が半間ずつ遅れて舞う舞など、可笑しみあふれる一幕です。

s-松竹配券ベース_01.jpg

イベント一覧に戻る