イベント情報

(公財)厚木市文化振興財団主催・共催事業のご案内

NHK交響楽団 厚木公演

11/ 3(水) 14:30 / 大ホール

〈出演〉
指揮:尾高忠明
ピアノ:清水和音
管弦楽:NHK交響楽団

〈プログラム〉
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
※都合により曲目等変更になる場合がございます。

★託児サービスあり★
【申込】イベント託児・マザーズ Tel:0120-788-222(平日10:00~12:00/13:00~17:00)
0歳~12歳(小学生) 2,000円 公演1週間前までに要予約

料金

S席7,000円
A席6,000円
B席4,000円
(全席指定)

※未就学児の入場はできません。
※2階に上がるエレベーターはございません。階段のみとなっております。
※感染予防対策のため、前後左右1席ずつ座席を空けて6列目より販売させていただきます。また、今後の状況によっては、座席レイアウトや販売方法を変更する場合がございます。

チケット取扱い

【9月9日(木)発売】

厚木市文化会館
チケット予約センター

046-224-9999(10:00~17:00)
 ※発売初日は電話・ウェブ予約のみ。
 ※1人4枚まで
 ※窓口での販売(残席がある場合)は9/10より

■車椅子席をご希望の方は、厚木市文化会館チケット予約センターにご連絡ください。
※今後の社会的状況の変化によりチケット等の取り扱いが変更になる場合があります。

NHK交響楽団 厚木公演

インターネットチケット予約はこちら

一般販売

アート・メイツ(文化会館友の会)情報

会員価格あり

アート・メイツ先行:9月8日(水) 
   
電 話 予 約/10:00~17:00
   ウェブ予約/10:00~23:59 
※電話・ウェブ予約のみ受付。
※1会員につき4枚まで。

<注意事項>
アート・メイツ先行は、先行販売日であっても先行販売枚数がなくなり次第終了いたします。
また、アート・メイツに入会することが良席・チケット購入を確約するものではありませんのでご了承のうえご入会下さい。

【会館友の会アート・メイツ】ココをクリック

詳細

【出演者プロフィール】
◆尾高忠明(指揮)◆
1947年生まれ。 国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、 ロンドン交響楽団、BBC 交響楽団、 ベルリン放送響など世界各地のオーケストラに客演。
1991年度サントリー音楽賞受賞。 1997 年には英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与された。 その他 1999 年には英国エルガー協会より日本人初のエルガー ・ メダルを授与されたほか、 1993 年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号、 ウェールズ大学より名誉博士号、 2012 年有馬賞 (NHK交響楽団)、 2014 年北海道文化賞、 2018 年度関西音楽クリティック ・ クラブ賞本賞、 大阪文化祭賞、 日本放送協会放送文化賞、 2019 年第 49 回 JXTG 音楽賞洋楽部門本賞等を受賞。
現在NHK交響楽団正指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、BBC ウェールズ・ナショナル管弦楽団桂冠指揮者、 札幌交響楽団名誉音楽監督、 東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、 読売日本交響楽団名誉客演指揮者、 紀尾井ホール室内管弦楽団桂冠名誉指揮者。 また複数の大学で後進の指導を積極的に行っている。

◆清水和音(ピアノ)◆
完璧なまでの高い技巧と美しい弱音、 豊かな音楽性を兼ね備えたピアニスト。
ジュネーヴ音楽院にて、 ルイ ・ ヒルトブラン氏に師事。 1981 年、 弱冠 20 歳で、 パリのロン=ティボー国際コンクール ・ ピアノ部門優勝、 あわせてリサイタル賞を受賞した。 これまでに、 国内外の数々の著名オーケストラ ・ 指揮者と共演し、 広く活躍している。 室内楽の分野でも活躍し、 共演者から厚い信頼を得ている。 これまでにソニーミュージックやオクタヴィア ・ レコードなどから多数のCDをリリースし、 各誌で絶賛されている。
2011 年には、 デビュー 30 周年を記念して、 ラフマニノフのピアノ協奏曲第 1 番~第 4 番とパガニーニの主題による狂詩曲の全 5 曲を一度に演奏するという快挙を成し遂げた。
2014 年から 2018 年の5年間では年2回のリサイタル ・ シリーズ 「清水和音 ピアノ主義」 を開催。 幅広いレパートリーで聴衆を魅了した。 2016 年 4 月からは、 年6回の室内楽シリーズ「芸劇ブランチコンサート」 を開始するなど精力的な活動を続けている。
桐朋学園大学 ・ 大学院 教授

◆NHK交響楽団(管弦楽)◆
NHK交響楽団は、年間54回の定期公演をはじめ、全国各地で約120回のコンサートを行い、その演奏は、NHKのテレビ、FM放送で日本全国に放送されるとともに、国際放送を通じて全世界にも紹介されている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2020年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要9都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。
近年は次世代を育てる教育プログラムとして、オーケストラの人材を育成する「N響アカデミー」、全国の学校を訪問し身近に音楽の楽しさを提供する「NHKこども音楽クラブ」など多彩な活動を行っている。
コロナ禍の影響により2020年シーズンの定期公演はすべて中止せざるを得なかった。しかし、専門家の監修のもと「N響感染対策ガイドライン」をいち早く作成し、それに則って「特別公演」を毎月開催。制約の多い日々を過ごす人々に演奏会場や放送を通じて音楽を届け続けた。
指揮者陣には、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、正指揮者 外山雄三、尾高忠明を擁している。

▶NHK交響楽団厚木公演 NHK交響楽団座席表(11月3日).pdf

イベント一覧に戻る