イベント情報

(公財)厚木市文化振興財団主催・共催事業のご案内

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
フューチャー・コンサート 厚木公演

1/ 8(土) 14:00 / 大ホール

指揮者によるナビゲートで新年の愉悦をともに!
神奈川フィルハーモニー管弦楽団が神奈川県内各地にオーケストラの生演奏をお届けする「フューチャー・コンサート」が厚木市にやってきます!新年の歓びを祝うため、オペラに深い造詣を持つ、神奈川フィルの名誉指揮者 現田茂夫がナビゲートする、ガラ・コンサートをお届けいたします。オーケストラの”新年”には欠かせないヨハン・シュトラウスの作品から、スッペが作曲した軽騎兵序曲まで、ソプラノ吉原圭子の歌声とともに華麗な管弦楽の響きで2022年を迎えた歓びをともに祝いましょう!!

〈出演〉
指揮・ナビゲーター:現田茂夫(神奈川フィル名誉指揮者)
ソプラノ:吉原圭子
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

〈主な演目〉
J.シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」Op.367より序曲
J.シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」より“侯爵様、貴方のようなお方は”
J.シュトラウスII/トリッチ・トラッチ・ポルカOp.214
J.シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」より“田舎娘に扮する時は”
J.シュトラウスII/ ワルツ「ウィーンの森の物語」Op.325
J.シュトラウスII/ワルツ「美しく青きドナウ」Op.314
スッペ/喜歌劇「軽騎兵」序曲
アルディーティ/口づけ
J.シュトラウスII/ピチカートポルカ
J.シュトラウスII/新ピチカートポルカ
レハール/喜歌劇「ジュディッタ」より“熱き口づけを”
スッペ/喜歌劇「詩人と農夫」序曲

※都合により曲目等変更になる場合がございます。
※ソーシャルディスタンス、フィジカルディスタンスに十分な配慮をしながら客席及び舞台面を使用いたします。詳細につきましては神奈フィルホームページ掲載の「公演実施にあたってのガイドライン」をご覧ください。

料金

一般4,000円
ユース(25歳以下)
2,000円
(全席指定)

※未就学児の入場はできません。
※ユース券をご購入の方は、公演当日学生証等、年齢を確認できるものをご持参ください。
 ユース券は1996年4月1日以降に生まれた方が対象です。

※2階に上がるエレベーターはございません。階段のみとなっております。
※感染予防対策のため、前後左右1席ずつ座席を空けて6列目より販売させていただきます。また、今後の状況によっては、座席レイアウトや販売方法を変更する場合がございます。

チケット取扱い

【9月1日(水)発売
※感染予防対策のため、前後左右1席ずつ座席間隔を空けて6列目より販売させていただきます。

厚木市文化会館
チケット予約センター

046-224-9999(10:00~17:00)
※発売初日は電話・ウェブ予約のみ
※1人4枚まで
※窓口での販売(残席がある場合)は9/2より

神奈川フィル・チケットサービス

045-226-5107
(8/31まで 火・水・木10:00~13:00)
(9/1から 平日10:00~18:00)

https://piagettii.e-get.jp/kanaphil/pt/

(株)厚木楽器 本厚木店 046-222-1019(10:30~18:30/火・水定休)
チケットぴあ

https://t.pia.jp/
0570-02-9999 (Pコード:199-449)

ローソンチケット

https://l-tike.com (Lコード:34713)

■車椅子席をご希望の方は、厚木市文化会館チケット予約センター、または神奈川フィル・チケットサービスにご連絡ください。

神奈川フィルハーモニー管弦楽団<br>フューチャー・コンサート&nbsp;厚木公演

インターネットチケット予約はこちら

一般販売

アート・メイツ(文化会館友の会)情報

アート・メイツ先行:8月30日(月) 
   
電 話 予 約/10:00~17:00
   ウェブ予約/10:00~23:59 
※電話・ウェブ予約のみ受付。
※1会員につき4枚まで。

<注意事項>
アート・メイツ先行は、先行販売日であっても先行販売枚数がなくなり次第終了いたします。
また、アート・メイツに入会することが良席・チケット購入を確約するものではありませんのでご了承のうえご入会下さい。

【会館友の会アート・メイツ】ココをクリック

詳細

【出演者プロフィール】
◆現田茂夫(指揮)◆
東京音楽大学作曲指揮専攻で汐澤安彦、三石精一両氏に師事。その後東京藝術大学で佐藤功太郎、遠藤雅古両氏に師事。1985年安宅賞受賞。2009年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者。国内外の主要オーケストラとも数多く共演し、世界的チェリスト故ロストロポーヴィチと上皇后陛下の古希祝賀コンサート等で共演し高評を得る。オペラ指揮者としても経験豊かで、2002年からは錦織健プロデュースオペラの音楽監督も務める。2011年はアンサンブル金沢と“椿姫”を公演。2014年には市川右近(現三代目市川右團次)新演出“夕鶴”を全国で公演し、2016年に再演を行った。また、ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)の審査員や、NHK-FMラジオのパーソナリティを3年間務めるなどバラエティに富んだ活動を行っている。

◆吉原圭子(ソプラノ)◆
洗足学園大学卒業。同大学オペラ研究所修了。第30回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞(松下賞)受賞、ミラノにて研鑽を積む。また、笹川日仏財団の助成により渡仏、パリ市立シャトレ劇場公演に多数出演。新国立劇場『フィガロの結婚』『ジークフリート』『ホフマン物語』、横須賀芸術劇場『泥棒とオールドミス』、神奈川県民ホール『金閣寺』等で好評を博す。またコンサートソリストとしてもモーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、マーラー「嘆きの歌」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」等で活躍。二期会会員。


◆神奈川フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)◆
1970年に発足。地域に密着した音楽文化の創造をミッションとして、神奈川県全域をはじめ全国各地で幅広い活動を続けている。横浜を中心とする主催公演に加えて、県内各地で地域との協力による特別演奏会を開催。音楽教育にも積極的で、小中学校での音楽鑑賞教室を全国各地で開催し、広い世代に音楽の魅力を伝え、神奈川フィルの支援者を増やす取り組みを行っている。現在、指揮者陣には、名誉指揮者に現田茂夫、特別客演指揮者に小泉和裕、常任指揮者に川瀬賢太郎を擁している。2020年には創団50周年を迎え、益々注目されているオーケストラである。
神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホームページ(外部へリンクします)

大ホール販売席一覧.pdf

イベント一覧に戻る